他人が包茎とわかっても冷やかさないのは常識でありマナーです

子宮筋腫と女性ホルモンの関係

子宮筋腫が発生するメカニズムははっきりとはわかっていないのですが、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンという2種類の卵巣ホルモンが発生に大きくかかわっていることは広く知られています。
子宮筋腫は、子宮の筋層などに腫瘍細胞ができ、それが肥大化してしまうことで引き起こされる病気なのですが、その核を大きく成長させるきっかけとなるものがエストロゲンとプロゲステロンであるといわれています。ただし、子宮筋腫の核となる腫瘍細胞は卵巣ホルモンの影響を受けたとしてもすべてが大きくなっていくわけではありません。成長することなく、日常生活に影響を与えずにすむこともあり、すべてが有害に働くわけではないのです。それらの子宮筋腫 手術にて補助します。

 

卵巣ホルモンの量と子宮筋腫の成長 の関係性はいまだに明確になっていません。ただし、更年期障害のホルモン補充療法によってこれら2つのホルモンを投与したり、ホルモンを含むピルを飲んでいると子宮筋腫に影響を与えることはあります。